平成29年度軽井沢合宿研修
6月11日から14日に建築学科とインテリアデザイン科が軽井沢合宿研修に行ってきました。
中央工学校OSAKAでは、昼間部の1年生が中央工学校が所有する研修所にて、集団行動の大切さや学生同士の親交を深めるため、3泊4日の合宿研修を行なっています。
また、松本城や旧開智学校、養老天命反転地等の建物見学のほか、旧軽井沢散策 を行いました。


今日は、建築学科、住宅デザイン科の学生が定期購読している

「日経アーキテクチュア」の発行元である

日経BP社の畠中様の特別講義を行いました。

 

建築業界について

建築の仕事にたずさわるにあたって大切な事や、

普段記事に書かれていない話など、

興味深いお話しを聞かせていただきました。

 

建築系 一年生

いよいよ、就職活動が開始されます。
キャリタスさんを招いて、就職活動スタートアップ講座を実施しました。
みんな、真剣な眼差しで、講義を受講していました。
しっかり、勉強して夢が叶いますように!
1年生合同授業にて、BIMのエキスパートである株式会社BIM LABOさんにお越しいただき、特別講義をしていただきました。


講師を務めていただいた内藤先生は、本校の卒業生です!
BIMの話だけではなく、卒業生の活躍が聞ける機会にもなりました。
研修二日目です。
今日は研修所での、茶道体験、茶室見学、屋根の葺かえの見学に続き、研修所外部の建築見学ということで、布引観音や軽井沢千住博美術館の見学に行きました。